お問い合わせフォーム
ベリーベスト法律事務所公式サイトはこちらへ 営業時間 平日9:30~21:00
事業継承の重要性
3つの継承方法
親族内継承
従業員や外部への継承
M&Aの検討
会社法の各種制度
譲渡制度規定
議決権制限株式
黄金株
事業継承無料相談
 事業承継.jp > 会社法の各種制度1 ~譲渡制限規定~

会社法の各種制度1 ~譲渡制限規定~

譲渡制限規定

後継者の経営を安定させるため、株式の集中を考える際には、まずこれ以上の株式を分散させないようにする必要があります。


その際に活用できるのが、株式の譲渡制限規定です。株式の譲渡制限規定とは、すべての株式譲渡について会社の承認が必要な旨、定款に定めることです。


定款に株式の譲渡制限規定のない会社は、株式の分散を防止するためには、可能な限り定款を変更して株式譲渡制限規定を置くことが有効です。譲渡制限規定を定款に置くためには一定の条件が必要となりますが、議決権制限株式が発行しやすくなる等、多くの利点があります。


また、これまでは相続での株式移転は制限できないとされていましたが、会社法では、定款に定めることにより、会社が相続人に対して株式を売り渡すよう請求することもできます。