お問い合わせフォーム
ベリーベスト法律事務所公式サイトはこちらへ 営業時間 平日9:30~21:00
事業継承の重要性
3つの継承方法
親族内継承
従業員や外部への継承
M&Aの検討
会社法の各種制度
譲渡制度規定
議決権制限株式
黄金株
事業継承無料相談
 事業承継.jp > 3つの承継方法

3つの承継方法

事業承継の方法には、主に次の3つが挙げられます。

  1. 親族内承継
  2. 従業員や外部への承継
  3. M&A

 

それぞれの利点と問題点を簡単に見てみましょう。

  1. 親族内承継

典型的な親族内承継は、子息や子女が後継者となる場合です。他にも、将来の承継まで一時的に、配偶者が後継者となるような場合もあります。 内外の関係者から心情的に受け入れられやすいなどのメリットがある一方、相続人が複数いる場合に経営権の集中が困難であったりします。

  1. 従業員や外部への承継

社内へ承継する場合には専務などの役員や若手経営陣が、社外へ承継する場合には取引先や金融機関から来てもらった人が後継者となる場合が考えられます。 会社の内外から広く候補者を求めることができるのに対し、経営者が負っている個人債務保証の引継ぎが問題となることもあります。

  1. M&A

M&Aとは、企業の合併や買収のことを指します。最近では、大企業のみでなく、中小企業M&Aの件数も増加傾向にあります。 現経営者が会社売却の利益を獲得できる利点はありますが、希望の条件を満たす買い手を見つけるのが困難であるなどのデメリットもあります。早い段階から方針を決め、それに向けた下準備をしておくことが、スムーズな事業承継を実施するためには非常に重要です。